保育者 「上からものを言い、指導する人」ではなく、常に「援助する人」であり、 「親の次に信頼できる人」であること。
集団ではなく、一人ひとりの個人として、こどもとの関係を築く努力をすること。

 「行事」中心ではなく、「日常」の生活を大切にする。
こどもの「遊び」を中心に考え、室内と戸外、個と集団のバランスに配 慮しつつ、子どもが見通しを持てる日課により、安定した生活をする。

個人の成長・発達・事情をより深く理解し、適切な保育ができるように、乳 児では担当制の中で、基本的生活習慣が自立できるように、丁寧に育児してい ます。

幼児は異年齢児保育のなかで、様々な体験を通し、豊かな創造・想像する力、 認識力が広がること、仲間関係の中で個人が自己主張できる事、日常の経験 のなかで「できる事」が増えていくことを重視し保育者は保育を展開しています。